空条承太郎のスタープラチナ(星の白銀)の紹介。スタンドならジョジョガイド

空条承太郎のスタープラチナ(星の白銀)のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行
ワ行

スタンド:スタープラチナ(星の白銀)
本体:空条承太郎

  • 破壊力:A
  • スピード:A
  • 射程距離:C
  • 持続力:A
  • 精密動作性:A
  • 成長性:A

空条承太郎

空条承太郎

空条承太郎とはPart3以降にも登場し、シリーズを通して最も多く長期に渡って活躍したキャラクターである。Part2『戦闘潮流』の主人公ジョセフ・ジョースターの孫。 常に帽子と厚手のコート(Part3においては学ラン)を身に着けている。帽子は滅多なことが無い限り脱がず、全シリーズ中で3度しか脱いだ事がない。頭脳明晰で常に寡黙かつ沈着冷静だが、根は激情的な性格で正義感も強く、肉親に危機が及ぶと冷徹になりきれないことが多い。
1971年生まれのみずがめ座。男性。身長196cm・体重84kg。口癖は「やれやれだぜ」(四部以降は「やれやれだ」の場合も)。
父は日本人ジャズミュージシャン・空条貞夫、母はジョセフ・ジョースターとスージーQ夫妻の一人娘ホリィ。日本人とイギリス系アメリカ人のハーフである。『Part6 ストーンオーシャン』の主人公・空条徐倫は実娘(長女)に当たる。

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 14. 空条承太郎 [原型・彩色監修/荒木飛呂彦]
スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 14. 空条承太郎 [原型・彩色監修/荒木飛呂彦]
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド(荒木飛呂彦指定カラー)(再生産)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド(荒木飛呂彦指定カラー)(再生産)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 27.空条承太郎 (荒木飛呂彦指定カラー)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 27.空条承太郎 (荒木飛呂彦指定カラー)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド (荒木飛呂彦指定カラー)初回生産版特典付き
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド (荒木飛呂彦指定カラー)初回生産版特典付き

スタープラチナ(星の白銀)

スタープラチナ(星の白銀)

スタープラチナ(星の白銀)とは逞しい筋肉質の肉体を持った人型のスタンド。頭髪があり、デザインは「人型のスタンド」の中でも特に人間に近い。 射程距離は約2メートルと短いが、他のスタンドを寄せ付けない桁外れなパワー、スピード、精密動作性、視力、動体視力を持ち、眼前から発射された銃弾を指で摘んで止めることもできる。また、人差し指と中指を伸ばして敵を切り裂く技「流星指刺(スターフィンガー)」もある。 決め技は「オラオラ」の掛け声とともに拳の連打を相手に叩き込む、通称「オラオラのラッシュ」。
スタンド名の由来は、タロットカードの大アルカナ17番目のカード「星」。後に「近距離パワー型」と呼ばれるタイプのスタンドの原型である。その圧倒的な性能、能力、また本体である承太郎の隙の無さから、Part4以降は「完成された」「強くて無敵の」「史上最高(最強)の」スタンドと形容されている。
初登場時は顔が承太郎に似たデザインだったが、物語が進むにつれデザインは独立化。また、スタープラチナ自身がしゃべったり、射程距離外の物体を勝手に承太郎の元へ持って来たり、初期は承太郎と別個の人格であるかのような描写もあった(この時はまだスタンドの設定がハッキリしていなかったため。あるいは、スタンドを完全には制御できなかったということもある。)。OVAでは、止められた時の中で承太郎の意思とは関係なくDIOの攻撃を防ぎ、反撃するという形でも現れている。

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 1.スタープラチナ
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 1.スタープラチナ
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 28.スタープラチナ (荒木飛呂彦指定カラー)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 28.スタープラチナ (荒木飛呂彦指定カラー)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 55.スタープラチナ・サード(荒木飛呂彦指定カラー)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 55.スタープラチナ・サード(荒木飛呂彦指定カラー)
スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 27.スタープラチナ セカンド [原型・彩色監修/荒木飛呂彦]
スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 27.スタープラチナ セカンド [原型・彩色監修/荒木飛呂彦]

空条承太郎のスタープラチナ(星の白銀)の元ネタ

空条承太郎の名言

  • やかましい!うっとおしいぞこのアマ!
  • …この空条承太郎は… いわゆる不良のレッテルをはられている… ケンカの相手を必要以上にブチのめしいまだ病院から出てこれねえヤツもいる… イバルだけで能なしなんで気合いを入れてやった教師はもう2度と学校へ来ねえ 料金以下のマズイめしを食わせるレストランには代金を払わねーなんてのはしょちゅうよ
  • 「悪」とはてめー自身のためだけに 弱者を利用しふみつけるやつのことだ!! ましてや女をーっ!きさまがやったのはそれだ!あ~ん おめーの「スタンド」は被害者自身にも法律にも見えねえしわからねえ… だから おれが裁く!
  • オララララオラ 裁くのはおれの『スタンド』だッー!!
  • やれやれだぜ
  • 承太郎「『スタンド』使いに共通する見分け方を発見した それは…スタンド使いはタバコの煙を少しでも吸うとだな… 鼻の頭に 血管が浮き出る」
    ポルナレフ「うそだろ 承太郎!」 承太郎「ああうそだぜ! だが…マヌケは見つかったようだな」
  • 承太郎「アブドゥル なにか言ってやれ」
    アブドゥル「占い師のわたしをわしおいて予言するなど」
    ポルナレフ「10年早いぜ」
  • てめーなにになりてぇんだ? なりてえ「魚料理」を言いな 刺身になりてえのか? カマボコか?それともスリ身とかよ てめーの「スタンド」を料理してやるからよ…
  • おれが考えてたのはてめーがやられた時小便ちびられたら水中だからキタネーなってことだけさ おっさん!
  • … もうてめーにはなにもいうことはねえ… …とてもアワれすぎて 何も言えねえ
  • 『道』というものは自分で切り開くものだ
  • オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ オラアアアアアアアアァァァァァ オラオラオラオラオラオラオオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!! つけの 領収書だぜ
  • てめーはこの空条承太郎がじきじきにブチのめす
  • じじい おれは何も考えてないぜ ただ…あそこにすわっている『このゲームだけは誰にも負けない』と確固たる自信を持っているゲス野郎の鼻骨をブチ折ってやることだけを考えている 花京院の魂をとり戻すことだけはマジに考えている…
  • おれが思うたしかなことはDIO!てめーのつらを次みた瞬間オレはたぶん… プッツンするだろうということだけだぜ
  • てめーの敗因はたったひとつだぜ…DIO… たったひとつの単純な答えだ… 『てめーはおれを怒らせた』
  • 「無理」だと?この旅は無理なことばかりして来た旅だった… 無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたしおれたちには関係ねえ