ラバーソールのイエローテンパランス(黄の節制)の紹介。スタンドならジョジョガイド

ラバーソールのイエローテンパランス(黄の節制)のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行
ワ行

スタンド:イエローテンパランス(黄の節制)
本体:ラバーソール

  • 破壊力:D
  • スピード:C
  • 射程距離:E
  • 持続力:A
  • 精密動作性:E
  • 成長性:D

ラバーソール

ラバーソール

ラバーソールとはDIOに金で雇われた男で、エンヤ婆が送り込んだ7人の刺客の1人。花京院に化けて承太郎に近づき、その高い防御力と承太郎に喰らいつかせたスタンドで追い詰める。しかし、水中に引きずり込まれて、呼吸のため顔を出したところを殴られ、最後は悪あがきをしたため承太郎にさらに念入りに追撃を受けた。名前の由来は、The Beatlesのアルバム「ラバー・ソウル」。

イエローテンパランス(黄の節制)

イエローテンパランス(黄の節制)

イエローテンパランス(黄の節制)とはスライム状のスタンド。接触した生物の肉を溶かし、捕食することで強さ・大きさが増す。柔軟なスタンドで、どんな衝撃も分散・吸収するため、本体が纏えば物理攻撃にはほぼ無敵の「攻撃する防御壁」となる。取り込んだ肉と一体化しているためスタンド使い以外の人間にも見ることが可能で、身に纏った上で精巧に外見を装って他人そっくりに変装することも可能。また、その肉片の一部が相手に喰い込めば相手を食い尽くすまで離れない。熱せられれば飛び散って広がり、冷やされれば針状に尖る。スタンド名の由来はタロット大アルカナ14番目のカード「節制」

ラバーソールのイエローテンパランス(黄の節制)の元ネタ


The Beatles - Rubber Soul [Full Album]