支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)のアース・ウインド・アンド・ファイヤの紹介。スタンドならジョジョガイド

支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)のアース・ウインド・アンド・ファイヤのスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

スタンド:アース・ウインド・アンド・ファイヤ
本体:支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)

  • 破壊力:C
  • スピード:C
  • 射程距離:なし
  • 持続力:A
  • 精密動作性:C
  • 成長性:C

支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)

支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)

支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)とは仗助の高校に転校してきた青年。自称マゼラン星雲からやって来た宇宙人で、本名はヌ・ミキタカゾ・ンシ、年齢は216歳、職業は宇宙船のパイロットだと彼は語る。つかみ所の無い性格で一般常識に乏しい。吉良吉廣の放ったスタンドの矢をはじき返すという、全シリーズ中でも彼にしか起きたことのない現象を見せた。登場当初はスタンドが見えてない描写があったが、後の相関図(44巻)には「スタンドは見えるらしい」との記述がある(実際にスーパーフライ戦でもクレイジー・ダイヤモンドが見えているかのような発言をしていた)。サイレンの音に対してアレルギーらしく、耳にするとジンマシンが出たり、悲鳴を上げたり、嘔吐したりしていた。
ミステリーサークルの中央に倒れていたところを、仗助と億泰に発見される。仗助は彼をサイコロに変身させ、イカサマ博打で岸辺露伴から金を巻き上げようと画策した。
鋼田一との戦闘の際には変身能力を駆使して仗助と共に戦い、億泰からもその覚悟を認められた。
エピソード終盤に登場した彼の母親は「息子が『自分は宇宙人だ』と言って転校する先々の学校を混乱させて困る」と言うが、当の未起隆は彼女のことを「母親役を演じさせるために洗脳している」と語っていた。結局彼が宇宙人なのかスタンド使いなのかは明らかにされず、真実は謎のままとなっている。

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 支倉未起隆 (ヌ・ミキタカゾ・ンシ)
スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 支倉未起隆 (ヌ・ミキタカゾ・ンシ)
スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 支倉未起隆 (ヌ・ミキタカゾ・ンシ) セカンド (限定カラー)
スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 支倉未起隆 (ヌ・ミキタカゾ・ンシ) セカンド (限定カラー)

アース・ウインド・アンド・ファイヤ

アース・ウインド・アンド・ファイヤ

アース・ウインド・アンド・ファイヤとは能力として人間や複雑な機械、自分以上の力があるもの以外なら何でも変身でき、複数に分裂も可能(本人はスタンド能力ではなく宇宙人としての特殊能力だと語る)。なお『ストーンオーシャン』でも同名の能力が登場していたが、そちらは後から名称が変更されている。 能力名は劇中には登場せず、画集『JOJO A-GO!GO!』でつけられた。能力名の由来はアメリカのバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」。

支倉未起隆(アース・ウインド・アンド・ファイアー) 単品 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~
支倉未起隆(アース・ウインド・アンド・ファイアー) 単品 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~
ジョジョの奇妙な冒険ABC 4弾 【アンコモン】 《キャラカード》 J-359 支倉未起隆
ジョジョの奇妙な冒険ABC 4弾 【アンコモン】 《キャラカード》 J-359 支倉未起隆

支倉未起隆(はぜくら みきたか、ヌ・ミキタカゾ・ンシ)のアース・ウインド・アンド・ファイヤの元ネタ


Boogie wonderland - Earth Wind and Fire
Earth Wind and Fire
Earth Wind and Fire
天空の女神
天空の女神