間田敏和(はざまだ としかず)のサーフィス(うわっ面)の紹介。スタンドならジョジョガイド

間田敏和(はざまだ としかず)のサーフィス(うわっ面)のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

スタンド:サーフィス(うわっ面)
本体:間田敏和(はざまだ としかず)

  • 破壊力:B
  • スピード:B
  • 射程距離:C
  • 持続力:B
  • 精密動作性:C
  • 成長性:C

間田敏和(はざまだ としかず)

間田敏和(はざまだ としかず)

間田敏和(はざまだ としかず)とは仗助達と同じ高校の3年生。身長165cm。獅子座。虹村形兆のスタンドの矢で射抜かれスタンド使いとなった。かなり卑屈で陰険な性格。テニス部でマンガ好き。自分達より強いよそ者である承太郎の存在を嫌い、町から追い出そうと画策し最終的には殺害しようとするが、仗助達が先に承太郎の所にたどり着き、その一方で仗助が追跡途中で間田が痛めつけたバイカー達を怪我を治した上で呼び寄せていたために袋叩きにされ戦闘不能になる。敗北して入院後、仗助たちにスタンド使いは無意識のうちにひかれ合うという物語の重要なキーワードを初めて話した人物でもある。
最初は頭身が高く描写されていたが、やがて顔がギャグ調になり、身長も康一と同じ程度にまで縮んで描写されている。
康一と共に岸辺露伴の家を訪れた際、康一共々ヘブンズドアーで記憶を読まれたが、康一の記憶は「最高だ」「読者にも好かれると思うよ」と高評価だったのに対し、彼の記憶は「最低なヤツだ」「こんなの書いても読者が喜ぶハズがない」と酷評され「救いが無い」と号泣していた。

サーフィス(うわっ面)

サーフィス(うわっ面)

サーフィス(うわっ面)とは 等身大のポーズ人形をベースに姿、仕草、声紋から全てコピーするスタンド。性格までコピーされるため、大雑把な命令には従うが本体の間田に忠実な訳ではない。コピーした本体との見分け方は、サーフィスの方の額についている+ねじ。実体化しており、普通の人にも見える。コピーされた相手はサーフィスと向き合うと同じ動作しか取れなくなる。外見が変わっても木製なのは変わらない為、衝撃で破損(作中では扉に挟まって手首がもげた)することもある。スタンド名の由来はアメリカのバンド「サーフェス」。スタンド能力の元ネタは漫画『パーマン』のコピーロボット。

間田敏和(はざまだ としかず)のサーフィス(うわっ面)の元ネタ


Surface - Only you can Make me Happy