東方仗助のクレイジー・ダイヤモンドの紹介。スタンドならジョジョガイド

東方仗助のクレイジー・ダイヤモンドのスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

スタンド:クレイジー・ダイヤモンド
本体:東方仗助

  • 破壊力:A
  • スピード:A
  • 射程距離:D
  • 持続力:B
  • 精密動作性:B
  • 成長性:C

東方仗助

東方仗助

東方仗助のプロフィール。 1983年生まれの双子座。血液型はB型。身長180cm(後に185cmとなる)。趣味はテレビゲームとプリンスのCDを聞くこと。教師の母・朋子、朋子の父で警察官の祖父・良平と3人でM県S市杜王町に暮らしている、ぶどうヶ丘高校に通う高校1年生。常にリーゼントヘアで学ランを身に着けている。初登場時に「仗助」の音読み(じょうじょ)から転じて「ジョジョ」というニックネームをつけられたが、それ以降ジョジョと呼ばれることは一度もなかった。口癖は「グレート」。語尾を伸ばしたしゃべり方をすることが多い。
父親はジョセフ・ジョースター。日本とアメリカ(イギリス系)のハーフである。朋子は大学生時代にジョセフと不倫関係にあり、その時に仗助を身ごもって出産した。出産の事実は長い間ジョセフにも知られていなかったが、年老いて死期を意識したジョセフの遺産を整理・調査していたところ、ジョースター家にその存在が発覚した。血縁上は、ジョセフの孫である空条承太郎の叔父に当たる。父ジョセフと対面した当初は気まずい関係で「ジョースターさん」とぎこちない呼び方をしていたが、様々な事件を経てやがて打ち解け、「じじい」と親しく呼んで父親として認めるようになった。
ジョセフの血を濃く受け継いでおり、背が高く筋肉質な体格をしており、やや三枚目な性格も継承している。正義感が強く周囲の危機に自らを犠牲にすることがしばしばあり、また明るく人当たりのいい性格で周囲からの人気も高く、同年代の女子生徒達からもモテているが、本人はあまり興味がなさそうな態度で接している。その一方で金にせこい面があり、イカサマ博打で岸辺露伴から金を巻き上げようとしたり、落し物の当選宝くじを巡って矢安宮重清と戦闘を繰り広げたこともあった。虹村億泰とは初対面時こそ戦闘になったものの、以降は打ち解けて親友同士となり、常に行動を共にしている。
いかつい風貌とは裏腹に普段は温厚であるが、一度激怒すると手が付けられなくなる。特に自分の髪型をけなされると無条件に(周りが見えなくなる程に)逆上し、たとえ相手が目上の人間であろうと見境い無く攻撃する。その理由は子供の頃(Part3で承太郎達がDIOを倒すべくエジプトを目指していた時期)、スタンド能力発現に伴う高熱で生死の境をさまよい病院に運ばれる途中、積雪に車のタイヤを取られて立ち往生していたところをリーゼントヘアの見知らぬ少年に救われたことで、その少年に強く憧れているためである(常に学ランなのも同様の理由である)。

クレイジー・ダイヤモンド

クレイジー・ダイヤモンド

クレイジー・ダイヤモンドとは 人型のスタンドで、デザイン上の特徴としては体のいたる所にハートマークがあしらわれており、頚部に数本のパイプの様なものが見られる。 近距離パワー型で射程距離は非常に短いが、パワーとスピードにおいてはスタープラチナと同様に優秀で、特にパワーに関しては、(髪型をけなされたと思い込んでキレた時に)スタープラチナのガードをはじき飛ばしたこともある。スピードも相当に速いが、仗助本人がチリ・ペッパーに語ったところによれば「スタープラチナはこんなものではない」らしい。精密動作性においてもスタープラチナにやや劣っているようであるが、至近距離で発射された弾丸を指でつまんで止める程度のことは出来る。 決め技は「ドラララ…」の掛け声とともに拳の連打を相手に叩き込むラッシュ。仗助本人によればパンチの速度は約時速300kmで、キレた時はさらに速度が増す。 固有の特殊能力として、手で触れることで壊れた物体、負傷した生物を元通りに直す・治す能力を持っている。但し、あくまで「壊れた物を元の形に戻す」能力であるため、内科的な病気の治療や、破損した部位が完全に消滅してしまった物体の復元は出来ない。また自分自身の外傷の治療はできず、絶命した生物を蘇生させることも不可能である。しかし、対象がどんな致命傷を受けたとしても、絶命する前に能力を使用すれば息を吹き返しうる。 能力が発動すると、残りの他の部分は自動的に引き寄せられるため、ほんのひとかけらでも手元に残っていれば全体の修復が可能である。この引き寄せる力は強力で、大人の体を簡単に引っ張ることも出来るため、攻撃や移動など様々な手段に応用できる。また、あえて引き寄せる方法を使わずに本体の方へ飛んでいくようにすることもできる。シアーハートアタックを直した時には、目の前で爆発されるのを避けるためこの方法を選んでいる。 また、修復能力は「直す」と言う方向であれば完成形はある程度仗助の思い通りに出来る。料理を料理ではなく原材料と言う形に修復したり、アンジェロと岩など複数の物体を融合させる事も可能である。仗助が激昂している時は、歪んだ形に復元される事が多い。 修復能力は、初期は攻撃の際でも仗助の意思と無関係に発動していたが、物語後半では意識的に発動しないこともできるようになっていた。 その修復の力から承太郎には「この世のどんなことよりもやさしい能力」と評されており、吉良吉影には「何をするか先の読めないスタンド」と応用範囲の広さを評されていた。 スタンド名の由来は、ピンク・フロイドの楽曲“Shine On You Crazy Diamond”。ただし作中設定上はそれとは無関係に仗助のキレやすい一面から承太郎が命名した。

東方仗助のクレイジー・ダイヤモンドの元ネタ


Pink Floyd - Shine On You Crazy Diamond