イルーゾォのマン・イン・ザ・ミラーの紹介。スタンドならジョジョガイド

イルーゾォのマン・イン・ザ・ミラーのスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行

スタンド:マン・イン・ザ・ミラー
本体:イルーゾォ

  • 破壊力:C
  • スピード:C
  • 射程距離:「鏡の中」の世界では数百m
  • 持続力:D
  • 精密動作性:C
  • 成長性:E

イルーゾォ

イルーゾォ

イルーゾォとは暗殺チームの一人。普段は強気だが、いったん追い詰められるとかなり弱気になる性格で、パープル・ヘイズの能力を知ってからは終始恐れをなしていた(最終的にそのパープル・ヘイズに殺されたため、彼の警戒は正しかったことになる)。 ポンペイの遺跡でジョルノらを襲い、フーゴやアバッキオを窮地に追い込むが、ジョルノの機転とパープルヘイズの殺人ウィルスにより敗北、死亡した。イルーゾォ(Illuso)とはイタリア語で幻影(英語で言うイリュージョン)のこと。 小説『恥知らずのパ-プルヘイズ』では、過去にシーラEの姉を殺害していたことが明らかになっている。

マン・イン・ザ・ミラー

マン・イン・ザ・ミラー

マン・イン・ザ・ミラーとは顔にゴーグルを着けた人型のスタンド。「鏡の中の世界」を作り出し、鏡を出入り口としてその中に出入りする。鏡の中の世界を移動して別の場所から外に出る事も可能で、通常は鏡を覗き込んでもイルーゾォの姿を見つける事は出来ないため、目標に全く気づかれる事無く追跡等が出来る。ターゲットにされた者は鏡の中にいるイルーゾォが見えるようになり、「イルーゾォの姿に気づく」「何らかの鏡に映っている」の2つの条件を満たすと鏡に引き込まれる。鏡の中の世界ではイルーゾォ以外は物を動かしたりする事が出来ない。鏡の外の世界で周囲の物体に何らかの変化があると、鏡の中の世界でも連動して変化が起こる。 鏡の中の世界にはイルーゾォが「許可」したものしか入る事が出来ず、通常は本体のみ許可してスタンド能力は許可しないと言った引きずり込み方をするため、スタンドは鏡の外に取り残される。ただしイルーゾォが「本体を許可」と言っても相手の本体とスタンドを自動的に判別するような事は出来ず、イルーゾォが本体だと思っているものが実はスタンドであったりすると、スタンドの方を許可してしまう欠点がある。鏡の中に引き込むことにエネルギーを集中させているため破壊力はあまり高くないが、このように鏡の中の世界で丸腰の人間を相手にする事が前提であるため、力負けする事は殆ど無い。

イルーゾォのマン・イン・ザ・ミラーの元ネタ


Michael Jackson - Man In The Mirror