東方 大弥(ひがしかた だいや)のカリフォルニア・キング・ベッド

破壊力:なし スピード:なし 射程距離:E 持続力:B 精密動作性:E 成長性:E

東方 大弥(ひがしかた だいや)

東方 大弥(ひがしかた だいや)
東方 大弥(ひがしかた だいや)とは東方家の次女。16歳。カエルのようなフードを常に被っている。2?3歳の時に断層から転落したことで視力をほとんど失ったが、家の中では自分のことは自分で行え、方向を指示して貰えば自転車にも乗れる。音楽はイエスなどのプログレッシブ・ロックを好んで聴く。父・憲助の思惑は知らず、単純に定助に好意を抱き、自分だけのものにするために攻撃を仕掛けるが、彼の策にはまって影を踏んでしまい、奪った記憶を取り返されて敗北。しかし彼に許され、憲助の思惑とは逆に定助に手懐けられてしまう。

カリフォルニア・キング・ベッド

カリフォルニア・キング・ベッド

カリフォルニア・キング・ベッドとは相手があらかじめ約束したルールを破るたびに発動し、相手の記憶の一部をチェスの駒にして奪うスタンド。顔の付いた体の各パーツが紐でつながった様なデザイン。大弥は「ちゃん」付けで呼んでいる。 駒となった記憶を元に戻すには、大弥に記憶の持ち主の影を踏ませるしかない。駒を物理的に傷つけると記憶の持ち主にダメージが伴う上、完全に破壊すると封じられた記憶は永久に失われてしまう。また、大弥自身は駒の中の記憶を自由に読むことが出来る。エンリコ・プッチのホワイトスネイクと類似した能力であるが、発動毎に奪える記憶は無作為に選出される一部分だけで、またスタンド能力そのものを奪うことは出来ない(「スタンドを使える」という記憶は奪える)。

東方 大弥(ひがしかた だいや)のカリフォルニア・キング・ベッドの元ネタ

東方 大弥(ひがしかた だいや)の元ネタはトランプカードのハートから。
スタンド名の由来は、リアーナの楽曲「カリフォルニア・キング・ベッド」。


カリフォルニア・キング・ベッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする