ドロミテ / 泥駒 政次(どろこま まさじ)のブルー・ハワイ

破壊力:? スピード:? 射程距離:?
持続力:? 精密動作性:? 成長性:?

ドロミテ / 泥駒 政次(どろこま まさじ)

ドロミテ / 泥駒 政次(どろこま まさじ)
ドロミテ / 泥駒 政次(どろこま まさじ)とは六壁神社内の池で生活している岩人間の男。本名・泥駒 政次(どろこま まさじ)。39歳。
田最環よりは長生きであるらしい。袖のない縞模様に似た服装である。好物はフライドチキン。
「北の国から」風に「ルールルル」と呼び出すと出てくる。
元々は美形の青年だったが、(スタンド能力で支配していた)恋人を庇って高圧電線に触れ、感電事故を起こしたことから四肢を失った異様な姿をしている。
夢は恋人と共に「青い珊瑚礁」に行くこと。
2007年12月4日と2008年1月25日に六壁坂の小学校のウサギ15羽を噛み殺し、2010年10月にも六壁坂近くの農家でニワトリ25羽を食い殺し肉を持ち去った。が、前述の感電事故により容姿が大きく変化した為未解決となっている。
田最環一味が東方定助達によって全員倒された後、東方常敏が頼み事をする為にドロミテの前に来る。
田最環をはじめとする岩人間達がいなくなったことを寂しがっていた一方で、彼らの行っていたロカカカでの金儲けや資金洗浄、社会への存在意義には一切興味がない。しかし、東方常敏の口車に乗せられ、ロカカカの入手に協力する。
自分の能力についてその使用する危険性について認識しており、常敏に協力する際には杜王町や標的である定助も大変なことになるが良いのかと常敏に確認している。
東方定助が植物鑑定人を探す道中に子供に自分の歯入りの手紙を渡させて能力を発動。子供や女性、カラスやハエなどの動物までも使って定助を追い詰めていった。定助は最終的にコンビニのトイレで感染したハエを追い詰めようとするものの、ハエから赤ん坊に感染させ、倒せなくなった定助に感染させた。
その後、自身のいる六壁神社の池のほとりに定助を呼び寄せ、植物鑑定人の情報を聞き出す。用済みになった定助を、池に沈めようとする。勝利を確信し、去っていった彼女に「青い珊瑚礁」にもう一度行こうと誘おうと思った矢先、ペイズリーパークによって現れた広瀬康穂に否定され、背後からスパイス・ガールのように鉄パイプで攻撃されピンチに陥る。康穂に定助への攻撃を止めるよう言われたり、康穂を襲った仲間のことを尋ねられても、岩人間らしく岩化してシラを切ろうとする。

そそのかしたのが常敏であると定助と康穂に白状した後、康穂によって気絶させられた。
単行本20巻現在、主人公チームと戦って唯一生き残った岩人間である。

ブルー・ハワイ

ブルー・ハワイ
ブルー・ハワイとは対象をゾンビ化させる能力。
頭部が欠け、代わりに臀部に魚の頭の様なものが付き、胸部に魚の骨のような意匠が付き、鶏のような手足と羽を持つスタンド像。自動遠隔操作型。
本体の体液と接触した相手は意識を失い、本体が決めた標的に向かって一直線に進み続ける。どれだけダメージを受けても決して止まらない。射程距離は定助が推測するに恐らく無限。振り切ろうとしてもいつまでも追いかけてくる。一度にゾンビ化させることができる対象は一つだけだが、血液などの体液に接触することで対象が切り替わり半永久的に追跡ができる。作中ではハエなどもゾンビ化させている。
これらの設定は第一部に登場した屍生人を彷彿させる。最終的に標的が能力に感染すると、ブルー・ハワイの骨が標的の身体に一瞬浮かび上がるという描写がされている。本体のドロミテも言うように、標的も社会も大惨事になりかねない能力であり、劇中だけでも中年女性の顔面がはがれたり、若い女性がバイクに轢かれたり、筋肉モリモリな男性の腕がちぎれそうになるなど、追跡者は常に一人とはいえ杜王町の人々が大変な事態に陥った。一度ロックオンされると逃れるのは難しく、そのためには本体ドロミテを探しだして倒す他はない。しかし、それは康穂のような特殊な能力を持つ協力者がいればこそで、今回のように何の手がかりもなく、いきなり攻撃された場合ドロミテを発見するのは事実上不可能である。
実際、定助も「彼女がいなかったら負けていた」と話している。

ドロミテ / 泥駒 政次(どろこま まさじ)のブルー・ハワイの元ネタ

ドロミテ / 泥駒 政次(どろこま まさじ)の元ネタはイタリア北東部の山地。
スタンド名の由来は、エルヴィス・プレスリー主演の映画「ブルー・ハワイ」及び同名の主題歌。「ブルーハワイ」と言う名のカクテルも存在し、名前は映画を意識して付けられたらしい。かき氷の方の由来はそのカクテルで同じ色をしている。


ソニーミュージックエンタテインメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする