ネズミ(虫喰い、虫食いでない)のラット

破壊力:Bスピード:C射程距離:D持続力:B精密動作性:C成長性:C

ネズミ(虫喰い、虫食いでない)

ネズミ(虫喰い)
ネズミ(虫食いでない)

ネズミ(虫喰い、虫食いでない)とは杜王町に生息する2匹のドブネズミ。音石明によってスタンド使いとなる。承太郎を襲った方の鼠は耳たぶが虫喰い状にちぎれているため、承太郎が「虫喰い」という通称をつけた。普通の鼠では考えられない高度な知能を持ち合わせており、同種の鼠や人間を襲っていた。音石の自白からそのことを知った承太郎が仗助と共に狩りに乗り出し、1匹は仗助によって仕留められるが、さらに奸智に長けたもう1匹(虫喰い)は仗助と承太郎を苦戦させる。罠を逆に利用したり、バックトラックを用いるなどして二人を手玉にとるが、仗助が放った銃弾が外れたことで油断して岩陰から顔を出した所を二発目の銃弾で仕留められる。

ラット

ラット

ラットとは生物や物、さらにはスタンドさえ溶かしてしまう毒針を発射する、背中に乗せた砲台型のスタンド。毒針自体の威力はさほどではなく、金属製のフライパンなど、ある程度硬いものには跳ね返された。またスタープラチナのようなスピードと精密性に優れるスタンドならば容易に針を掴んで止めることが出来るが、針に触っただけで毒がまわってしまうため、実質的に避けるしかない攻撃。 この毒で溶かされた生物はすぐ死ぬわけではなく、原形を止めないほどに溶かされて形を変えられていても、頭などの重要な部分が原形を保っていれば生きていることが多い。そのため、息さえあればクレイジー・ダイヤモンドで元の溶かされる前の姿に戻せるようである。 二匹とも同じデザイン、同じ能力のスタンドである。

ネズミ(虫喰い、虫食いでない)のラットの元ネタ

スタンド名の由来は、アメリカのバンド「ラット」。


第五部もすべて見放題!!

圧倒的なアニメ見放題作品数で国内最大級のラインナップ

▼31日間の無料体験がついてくる!!▼

▲Click▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする