アーバン・ゲリラ(岩人間 )のブレイン・ストーム

破壊力:? スピード:? 射程距離:?
持続力:? 精密動作性:? 成長性:?

アーバン・ゲリラ(岩人間 )

アーバン・ゲリラ(岩人間 )
アーバン・ゲリラ(岩人間 )とは新ロカカカ収穫の為に植物鑑定人豆銑礼を追跡していたスタンド使い。 田最環らとは別の新ロカカカ収穫チームの岩人間。 口と目以外、覆面をし、両目の部分には左右それぞれ5本の棘が付いたメガネが付き、額の上には小さなワイパー、口からシュノーケルのようなものを二本だし、上半身がウェットスーツという容姿をしている。

「新ロカカカ」収穫の為に定助が喋った植物鑑定人を確保しようと、定助・広瀬康穂豆銑礼を鼻炉山のスキー場まで追いかけてくる。スキー場に駆けつけてきた警官2人を「溶かし」、スキーリフト上でスイーツを楽しんだ定助達に木をぶつけて自身のスタンドを豆銑に感染させ、左手を親指以外失わせる。

表社会では「下里良(しもさと りょう)」と名乗る、TG大学病院の内科・消化器内科疾患専門の医者である。素性やスタンド、コンビを組むなど第5部に登場したチョコラータと非常に似通ったキャラクター。 医者故か物事を冷静沈着に対処し慢心することも無い知的な人物。かと思えば急にキレだしたりするなど激情的でもある。また攻撃する際にはどうやるか、誰からやるかなどをわざわざ説明したりするなどいやらしい一面もある。 基本的に人間を下に見ているようでもあり、岩人間の時代が来ることを期待している ドレミファソラティ・ドに乗り、地中を移動し、自身のスタンドを使い、樹木や直接触れることにより、スタンドを定助たちに移動させる。 その後、二手に別れた定助たちの内、一人になった豆銑にリフトの架線を使いスタンドを感染させ、戦闘不能にさせる。そして、豆銑を救おうと向かってきた定助も動けなくさせドレミファソラティ・ドと一緒に地中に潜り込みスタンドで溶解させていたが、リフトの柱に投げたフォークから燃料を自身の体にしみこませアーバン・ゲリラのいる穴の真上から絞り出した豆銑と、燃料を入れたシャボン玉をドレミファソラティ・ドの内部に入り込ませた定助との連携で爆死、ペットのドレミファソラティ・ドと一緒に消滅する。
ペットのドレミファソラティ・ドのことはソラティ・ドと呼んでいた。

ブレイン・ストーム

ブレイン・ストーム
ブレイン・ストームとは群体型スタンド。パズルのようなブロックを組み合わせたような形で、小さい触手が端に生えている。 対象の表面に触手で取り付き、回転して奥の方へ穴を広げていく、その際に毒素を流し込み体内で倍々に増殖し、溶血(赤血球の崩壊のこと)を引き起こす能力を持ち、最終的には、跡形もなく相手を崩壊させる。 基本的に木や架線などの媒体を使って対象にスタンドを送り込んでいるが、本体が直接触って移すことも出来る。 スタンドの端に付いている触手を使い、対象の皮膚表面に掴まって皮膚を突き破り、触手を奥に伸ばしつつ円形に回転。その後に体内の奥に穴を開けながら入っていき、対象の細胞を破壊し身体を崩壊させていく細菌のような特徴を持つ。また触手自体も毒素であり溶血を引き起こし奥に入りつつ倍々にスタンド個体数が増殖する。本体は感染しない。 本体が触らなければ対象にスタンドを移せないため、ペットであるドレミファソラティ・ド、木やワイヤーといった媒体を使って効果的にスタンドを移していた。生物以外でも穴を開けることができ、土や服にも穴を開けていた。但し穴を開けるまでには少し時間がかかり、水で洗い流すことが可能である。 スタンドで開いた穴は本体が倒されると無くなっていくようである。

エド・インター

アーバン・ゲリラ(岩人間 )のブレイン・ストームの元ネタ

アーバン・ゲリラ(岩人間 )の元ネタはイギリスのスペースロックバンド「Hawkwind(ホークウインド)」のアルバム「doremi fasol latido」の内の楽曲から
スタンド名の由来は、同じバンドの「Brainstorm」から。


第五部もすべて見放題!!

圧倒的なアニメ見放題作品数で国内最大級のラインナップ

▼31日間の無料体験がついてくる!!▼

▲Click▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする