グッチョのサバイバーの紹介。スタンドならジョジョガイド

グッチョのサバイバーのスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
マ行
ラ行

スタンド:サバイバー
本体:グッチョ

【破壊力 - E / スピード - E / 射程 - E / 持続力 - C / 精密動作性 - E / 成長性 - E】

グッチョ

グッチョ

グッチョとは囚人番号:MA20311. 罪状:婦女暴行、窃盗(刑期:5年) 男囚。31歳。人付き合いが下手で、常に周囲の人間をイラつかせていた。徐倫を始末するためにプッチ神父からスタンドのディスクを与えられ、サバイバーにより特別懲罰隔離房棟内で殺し合いを引き起こす。自身は戦いに参加せずに懲罰房に隠れ潜んでいたが、助けてもらう為に近寄ったアナスイにより体を罠に改造され、その罠が発動した際に体中から肋骨が突き出る重傷を負う。その後プッチに記憶を読まれ、おまけにメサイアのDISCを(ホワイトスネイクのDISCではない普通のCD)挿入されて歌いながら死亡。

サバイバー

サバイバー

サバイバーとは小型の円盤状のスタンド。脳内の電気信号に影響を与える事で、人間の闘争本能を極限まで引き出す。能力の影響を受けた者は半無意識に死ぬまで殺し合いを続けることになる。また戦いの最中には相手の「最も強い部分」が輝いて見え、ダメージを負った部分は消し炭のように黒く淀んで見えるようになる。生前のDIOプッチに与えたスタンドであり、DIOによれば本来の本体であった男もスタンドの影響で周囲の人間が事あるごとに喧嘩を始めたり、家族が離散するなどの悲惨な状況に陥っていたという。またスタンド自体に破壊力は無いものの、敵味方関係なく乱闘を引き起こす特性から「最も弱いが、手に余るスタンド」と評している。

グッチョのサバイバーの元ネタ


サバイバー バーニング・ハート