ウンガロのボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)

破壊力-なしスピード-なし射程距離-∞持続力-A精密動作性-なし成長性-なし

ウンガロ

ウンガロ
ウンガロとは「DIO」の息子の1人で、母親はDIOの食料となり死亡。人々に希望を与える絵画やコミック等のキャラクターを嫌悪している。将来に絶望して麻薬中毒者となっていたが、オーバードースによって病院に搬送されてきたところに「DIO」の魂と一体化したプッチ神父に出会い、スタンド能力に目覚める。世界中でキャラクターを実体化させパニックを引き起こし、アナスイとウェザーも巻き込まれた物語の筋書きに則る形で危機に陥るが、ウェザーが実体化したゴッホの肖像画に描かせた全てのキャラクターを元に戻すヒーロー「プット・パック・マン」を実体化させたことで、自滅。再び世界に希望を失って再起不能となる。

ボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)

ボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)
ボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)

ボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)とは漫画や絵画など世界のあらゆるキャラクターを実在化させ、そのキャラクターに心惹かれた者の魂を、物語の世界へ引きずり込むスタンド。引きずり込まれた人間は精神と肉体が分離し、最終的に「その物語の結末」に沿って死亡する。キャラクターは撃退可能な場合と不可能な場合があるが、撃退した場合そのキャラクターは能力が解除されても元に戻ることはない。効果範囲は世界中に及ぶ。

ウンガロのボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)の元ネタ

ウンガロの元ネタはファッションデザイナーのエマニュエル・ウンガロ。フランス生まれ。また、自身が設立したファッションブランドで、現在はサルヴァトーレ・フェラガモ傘下にある。
スタンド名の由来は、Queenの楽曲「ボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)」。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする