マニッシュ・ボーイのデス・サーティーン(死神13)の紹介。スタンドならジョジョガイド

マニッシュ・ボーイのデス・サーティーン(死神13)のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行
ワ行

スタンド:デス・サーティーン(死神13)
本体:マニッシュ・ボーイ

  • 破壊力:C
  • スピード:C
  • 射程距離:E
  • 持続力:B
  • 精密動作性:D
  • 成長性:B

マニッシュ・ボーイ

マニッシュ・ボーイ

マニッシュ・ボーイとはDIOの部下。生後11か月の赤ん坊。牙のような歯が生えている。生まれついての天才で、赤ん坊とは思えないほどの高度で狡猾な知能を持つ。夢の中でならスタンドを通じて会話も可能であり、基本的には幼児言葉などは使わずまるで大人のような話し方をする。優れているのは頭脳ばかりでなく、顔面間近に迫ったサソリを一瞬で安全ピンで串刺しにするなど、赤ん坊らしからぬ身体能力の高さも兼ね備えている。喫煙の習慣もあり、ジョースター一行が寝ている間に一服している。スタンドが作り出す夢の世界の中で彼らを攻撃するが、花京院が機転により夢の中にスタンドを持ち込んだ事で敗北。とどめに自分の大便入りの離乳食を無理矢理食わされリタイヤ。名前の由来は、アメリカのミュージシャンマディ・ウォーターズの楽曲「マニッシュ・ボーイ」。

デス・サーティーン(死神13)

デス・サーティーン(死神13)

デス・サーティーン(死神13)とは眠りという無防備の精神の中に入り込むスタンド。悪夢世界(夢の中)だけで活動し、相手が眠っている時に精神のみを支配下に置いて攻撃する。機械的な外見で、大鎌を持ったピエロの様な姿をしているが、実体があるのは頭と両手だけで胴体は空洞。「ラリホー」が口癖。スタンド名の由来は、タロット大アルカナ13番目のカード「死神」。

マニッシュ・ボーイのデス・サーティーン(死神13)の元ネタ