キャラバン・サライのアヌビス神

破壊力:B スピード:B 射程距離:E 持続力:A 精密動作性:E 成長性:C

キャラバン・サライ


キャラバン・サライとは本体は500年前のエジプトの刀鍛冶で、既に死亡している。現在は自我を備えた三日月刀として、スタンドだけが剣に宿り独立して残っている

アヌビス神

アヌビス神とは自我を備えたスタンド。スタンドでありながらDIOの部下。スタンドの像は半人半獣のアヌビス神そのものの姿をしており、DIOに博物館の倉庫から持ち出された事に恩義を感じ、またDIOの圧倒的な強さを認め忠誠を誓う。 刀を鞘から抜いた者、または刀身に触れた者を「新しい本体」として操る能力を持ち、自分の宿る刀を扱わせる。また、相手との間に障害物があっても物体(生物)を透過して斬りつける事ができる能力を持ち、透過するかどうかは任意で切り替えが可能。更に一度受けた攻撃の性質を憶えて完璧に見切る事が出来る。闘えば闘うほど相手の動きを記憶し、避けることが出来ない速度と攻撃に強化されていく成長性の高いスタンド。
操られた人物は誰であろうと剣の達人になる。宿主が変わってもアヌビス神が覚えた技量やパワー・スピードは引き継がれ、さらに宿主がスタンド使いであれば、その能力も引き出し使いこなすことも可能。承太郎をして「こんなに疲れたのは初めてだ」と言わしめたほどの実力者。「絶対に」を「絶っ……対に」と、伸ばして喋る傾向がある。
劇中では牛飼いの青年チャカや、床屋の店主カーンに憑依してポルナレフを襲い、更には次に取り憑いたポルナレフのシルバーチャリオッツとの二刀流を披露し、承太郎を何度も窮地に追いやった。刀の大部分をスタープラチナに砕かれるが、残った切っ先だけでなおも少年を操り、背後から急襲しようとする。しかし偶然その場にいたイギーにつまづき手元が狂ってあらぬ方向へ飛んでいき、壁に刺さって止まれそうだったのを焦って能力を暴発、透過させてしまい、次に偶然来た船に刺さろうとするも乗っていた牛に当たってしまい、暴れられて操る間も無く落下、最終的にナイル川の川底に沈む結果となった。

キャラバン・サライのアヌビス神の元ネタ

キャラバン・サライの元ネタはキャラバン・サライがアメリカのバンド「サンタナ」のアルバム「キャラバンサライ」、チャカとカーンがアメリカの女性歌手「チャカ・カーン」。キャラバン・サライとカーンの名前は劇中に登場しない。
スタンド名の由来はエジプト神話に登場する冥界の神「アヌビス」。


キャラバンサライ / サンタナ
ソニーミュージックエンタテインメント
第五部もすべて見放題!!

圧倒的なアニメ見放題作品数で国内最大級のラインナップ

▼31日間の無料体験がついてくる!!▼

▲Click▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする