緑色の赤ちゃんのグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム の紹介。スタンドならジョジョガイド

緑色の赤ちゃんのグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
マ行
ラ行

スタンド:グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム
本体:緑色の赤ちゃん

【破壊力 - / スピード - / 射程 - / 持続力 - / 精密動作性 - / 成長性 - 】

緑色の赤ちゃん

緑色の赤ちゃん

緑色の赤ちゃんとはDIOの骨が特別懲罰隔離房棟の38人の囚人を植物化し、その魂を吸収した事で生まれた謎の存在。かつてジョナサン・ジョースターから奪ったDIOの肉体の特徴であるジョースターの血統者特有の「星型のアザ」をこの赤ん坊も引き継いでいる。 自らに近付く徐倫とアナスイに攻撃を仕掛けるが、二人に興味を示したのか能力を解除し、以降は徐倫に懐く。しかしプッチ神父の襲撃に際して連れ去られ、プッチ神父の示す14の言葉に呼応する形でプッチと合体する。

グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム

グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム

グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム とはこの赤ん坊に触れようと近づいても、赤ん坊との距離に比例して自らの身体が縮んでいく能力を持つスタンド。スタンドの像自体も能力の影響を受けるため、赤ん坊に近付く程小さくなり、離れる程大きくなる。この性質上、赤ん坊にどれほど近付いても決して赤ん坊に触れることはできない(但し赤ん坊が興味関心を抱いた対象はその限りではない)。この現象はゼノンのパラドックスに酷似している。

緑色の赤ちゃんのグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム の元ネタ