レオーネ・アバッキオのムーディー・ブルースの紹介。スタンドならジョジョガイド

レオーネ・アバッキオのムーディー・ブルースのスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行

スタンド:ムーディー・ブルース
本体:レオーネ・アバッキオ

【破壊力 - C / スピード - C / 射程距離 - A(再生中に限る) / 持続力 - A / 精密動作性 - C / 成長性 - C】

レオーネ・アバッキオ

レオーネ・アバッキオ

レオーネ・アバッキオのプロフィール。 1980年3月25日生まれ 21歳 A型 身長188cm 好きな映画/「スリング・ブレイド」。好きな音楽/『聖母マリアの夕べの祈り』。好きな食べ物/白ワイン(グレコ・デ・トゥーフォー)、ルッコラのサラダ、ピッツァ・マルゲリータ。嫌いなもの/生意気そうなガキ、行列に並ぶこと。 ヒーロー/アイルトン・セナ。 ブチャラティの部下。元は正義感溢れる警察官だったが、社会の矛盾に触れることで失望し、自らも収賄等の悪事に手を染めるようになる。後に、自身の汚職が原因で同僚が殉職、汚職も発覚し身も心も暗黒に堕ち、ギャングとなった。 人をあまり信用しない性格。新入りのジョルノとの初対面では酷い仕打ちをし、船上で敵スタンドの攻撃を受けたときも、生命の危険が迫っているにも関わらず、ジョルノに自らのスタンド能力を見せるのを躊躇していた。その後もジョルノが持つ才能を渋々認めながら、彼とはことあるごとに衝突している。しかしいったん信頼を置いた人間にはとことん従う義理堅さも併せ持っている。落ちぶれた自分を部下として迎え入れてくれたブチャラティには特に絶対の信頼を寄せており、ブチャラティがボスを裏切った際に、それでも彼についていくと真っ先に宣言したのはアバッキオだった。 かつてボスが居たサルディニア島で、ボスの正体に近づくためムーディー・ブルースの再生を行うが、子供に化けたボスにより致命傷を負わされる。しかし、死の間際に最期の力を振り絞り、ボスの素顔のデスマスクと指紋をジョルノらに託し絶命。死後の世界で、殉職した同僚の警官が自分のことを少しも恨んでいなかったことを知り、彼の魂は本当の意味で救われる事になった。 イタリア語でレオーネ(leone)はライオン、アバッキオ(Abbacchio)は「うちのめす、叩きのめす」という意味の動詞で、主語は私(発言者)である。

ムーディー・ブルース

ムーディー・ブルース

ムーディー・ブルースとは人型のスタンド。額にデジタル表示のタイマーがついており、ビデオ映像のように指定したスタンドや人間の行動を再生できる。形や大きさは再現できるが、瞬間移動といったスタンドの能力までは再現できない。また、再生中は攻撃・防御が出来ないという欠陥が存在する。戦闘向きのスタンドではないが、作者によればアバッキオ自身の腕っ節はチーム内で1番強いとのこと。

レオーネ・アバッキオのムーディー・ブルースの元ネタ


The Moody Blues - My Song