ホル・ホースのエンペラー(皇帝)の紹介。スタンドならジョジョガイド

ホル・ホースのエンペラー(皇帝)のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行
ワ行

スタンド:エンペラー(皇帝)
本体:ホル・ホース

  • 破壊力:B
  • スピード:B
  • 射程距離:B
  • 持続力:C
  • 精密動作性:E
  • 成長性:E

ホル・ホース

ホル・ホース

ホル・ホースとはDIOの部下で、エンヤ婆が送り込んだ7人の刺客の1人。テンガロンハットを愛用しており、容姿はまさしく西部のガンマン。暗殺者としては度胸も据わっており自分の能力もわきまえた実力者である。「パートナーを得て、初めて実力を発揮するタイプ」と自認しており、それはNo.1よりNO.2を目指す彼の人生哲学となっている。パートナー選びに関しては高い才能を持ち、その点はポルナレフにも認められているほど。そのため、J・ガイルが倒されたと知ったときは一目散に逃走した。「容姿に関わらず、女性は尊敬している」「世界で最も女性にやさしい」と自称しており、世界中にガールフレンドがいるとのこと。原作では初登場時に象や馬などの動物に乗っていたが、OVA版ではバイクに乗っていた。 当初はJ・ガイルとコンビを組み、アヴドゥルを倒すが後にJ・ガイルが敗北した為逃走。その件でエンヤ婆の怨みを買い、ジョースター一行もろとも始末されそうになるが、彼らに一時協力することで切り抜けている(OVA版では重傷を負わされたまま戦闘に参加できず、再起不能になっている)。エジプトでDIOにジョースター一行の始末を催促された際にはDIOの暗殺を試みているが、DIOのスタンドの片鱗を味わい改めて忠誠を誓う。その後ボインゴとコンビを組み、予言通りの行動でジョセフアブドゥルポルナレフを倒すが、最終的にはトト神の予言が裏目に出て自らのスタンドの弾丸を喰らって自滅。幸い一命は取り留めたものの重傷を負い病院送りとなってしまう。名前の由来は、アメリカのポップス・デュオ「ダリル・ホール&ジョン・オーツ」。

エンペラー(皇帝)

エンペラー(皇帝)

エンペラー(皇帝)とは回転式拳銃とそれに装填される弾丸型のスタンド。弾丸の軌道は自在に操ることが可能。ただし射程はあまり長くなく、標的が射程外だと弾丸が当たっても威力はない。瞬時に手の平に現れるので、警戒されずに近づいて殺す能力といえる。スタンド名の由来は、タロット大アルカナ4番目のカード「皇帝」

ホル・ホースのエンペラー(皇帝)の元ネタ


Daryl Hall & John Oates - I Can't Go For That (No Can Do)