マリオ・ズッケェロのソフト・マシーン

破壊力:Aスピード:C射程距離:E持続力:A精密動作性:D成長性:E

マリオ・ズッケェロ

マリオ・ズッケェロ
マリオ・ズッケェロとはパッショーネの組員。ローマのチンピラで、はれぼったい唇と巻貝のような髪型が特徴。ポルポの遺産を狙って、相棒サーレーと共にブチャラティチームを追跡した。 ブチャラティチームのボートに自らの能力で萎ませたボートを被せた上で、自身はその隙間に入り込んでブチャラティチームを襲い、ブチャラティ以外を捕らえることに成功したが、ブチャラティに居場所を見破られ、船を沈められそうになった事で姿を現す。それでもなおスタンドで萎ませたアバッキオを人質にして脅すがスティッキィ・フィンガーズに首を落とされ、逆に捕らえられる。その後、ミスタから仲間のことを話すよう拷問されるが、口を割らなかった(実際はブチャラティの能力によって口をジッパーで塞がれていた為、話す意志が有ったのかさえ不明)。ブチャラティ達がポルポの遺産を手に入れた後は気絶した状態のままブチャラティチームの乗ってきた船に放置され、その後は不明。part5のその後を書いた小説『恥知らずのパープルヘイズ』では生存していたことが明らかになっているが、麻薬チームの討伐任務中に死亡した。

ソフト・マシーン

ソフト・マシーン

ソフト・マシーンとは手にしたレイピアで刺した物体を、空気を抜かれた風船のように萎ませるスタンド。生物の場合は萎んでも生存可能だが、意識を失い行動不能になる。本体自身を萎ませることも可能で、この場合は萎んだままでも行動が可能である。姿を隠しながら相手を戦闘不能にすることには最適だが、スピードがC判定のせいかスティッキー・フィンガーズのジッパー攻撃を全く避けられないなど、正面きっての格闘戦は苦手であるとブチャラティに見られた。

マリオ・ズッケェロのソフト・マシーンの元ネタ

ズッケェロ(Zucchero)はイタリア語で砂糖のこと。また、イタリアのシンガー・ソングライター、アデルモ・フォルナチァーリの芸名でもある。
スタンド名の由来は、イングランドのバンド「ソフト・マシーン」。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする