矢安宮 重清(やんぐう しげきよ)のハーヴェスト(収穫)

破壊力:Eスピード:B射程距離:A持続力:A精密動作性:E成長性:C

矢安宮 重清(やんぐう しげきよ)

矢安宮重清(やんぐう しげきよ)
矢安宮 重清(やんぐう しげきよ)とはぶどうヶ丘中学校に通う中学二年生。あだ名は「重ちー」。体重110kg。かなりの守銭奴。実年齢より精神年齢は幼く、口癖は「~だど」「ししっ」「理解不能」。頭に無数のトゲが生えたような髪型。家で飼っている亀の名は「ゴン太」。 仗助億泰と三人で手に入れた宝くじの賞金を独り占めにしようとして一悶着起こしたが、結局は自分一人では宝くじを手に入れることはできなかったと悟り、改心。宝くじの賞金は平等に三等分した。その後偶然にも殺人鬼・吉良吉影に出会い、彼の秘密を知ったために交戦、爆殺されるが、死の間際に吉良の服のボタンを手に入れ、ハーヴェストに運ばせることで仗助達に手がかりを残した。

ハーヴェスト(収穫)

ハーヴェスト(収穫)

ハーヴェスト(収穫)とは自称500体以上からなる、小さな群体型のスタンド。遠隔操作が可能で、物を集めることを得意とする。重清はこれを使い、町中から小銭を集めていた。戦闘能力も高く、破壊力は低いものの人間の頸動脈を切断する程度は可能であり、バケツリレーのように重清自身を運ばせることで、素早い移動も可能。また仗助億泰の二人を相手にアルコールを注射し、足腰の立たない状態に追い込んだ。二人がかりの奇策で降参させるのがやっとであり(一応勝ったはずの)仗助をして「ハーヴェスト」に勝てるやつがいるとは考えられない、と高く評価されている。このスタンドが強すぎるという事実は作者自身も西尾維新との対談内で認めている。

矢安宮 重清(やんぐう しげきよ)のハーヴェスト(収穫)の元ネタ

矢安宮 重清(やんぐう しげきよ)の苗字の「矢安宮」はカナダの歌手ニール・ヤングに由来する。
ハーヴェスト(収穫)の由来は、ニール・ヤングのアルバム「ハーヴェスト」。


第五部もすべて見放題!!

圧倒的なアニメ見放題作品数で国内最大級のラインナップ

▼31日間の無料体験がついてくる!!▼

▲Click▲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする