モハメド・アヴドゥルのマジシャンズレッド(魔術師の赤)の紹介。スタンドならジョジョガイド

モハメド・アヴドゥルのマジシャンズレッド(魔術師の赤)のスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
カ行
サ行
サ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行
ワ行

スタンド:マジシャンズレッド(魔術師の赤)
本体:モハメド・アヴドゥル

  • 破壊力:B
  • スピード:B
  • 射程距離:C
  • 持続力:B
  • 精密動作性:C
  • 成長性:D

モハメド・アヴドゥル

モハメド・アヴドゥル

モハメド・アヴドゥルのプロフィール。身長188cm 体重90kg 牡羊座 AB型 出身/エジプト・カイロ。好きな色/オレンジ。好きな食べ物/寿司。好きな映画/『ミッドナイト・ラン』。趣味/古書集め。
ジョセフの昔からの友人で職業は占星術師。生まれつきのスタンド使い。承太郎と出会う4か月前にDIOと遭遇しており、危うく「肉の芽」を植え付けられそうになったが、ジョセフから事前にDIOのことを聞いていたこともあって難を逃れた。真面目な性格で揺るぎない意志をもつ一方で短気かつ頑固で、「ギャンブルには向いておらず結構熱くなるタイプ」と自らを評価しており、柔軟なジョセフとは名コンビである。
旅の途中、インドでホル・ホースに眉間を打ち抜かれて死亡したと思われたが、実は生存しており別行動をとって潜水艦を購入し紅海の小島で合流した。その際、自らの父親に変装し、「マイケル」「プリンス」「ライオネル」という名前の鶏を飼っていた。初期の頃は大人びたキャラクターだったが復活以降は豪快で乗りのいい一面を見せるようになり、ポルナレフを地中の敵に向けての連れ小便に誘ったり、トイレの災難でポルナレフのお株を奪ったりと迷活躍を披露したが、ジョセフとの連携プレーの冴えは衰えていなかった。DIOの館でヴァニラ・アイスの奇襲からポルナレフイギーをかばい、クリームの暗黒空間に飲み込まれて消滅、両腕を残して死亡する。OVA版では再会した場所が異なり、彼がDIOの棺桶を開けたことでDIOの攻撃を受けてしまい、その後駆け寄ってきたポルナレフをかばって単身クリームに飲み込まれる。 正式には「アヴドゥル」だが、「アブドゥル」と表記されている場面もある。 名前の由来はアメリカのアーティスト兼振付師の「ポーラ・アブドゥル」。飼い鶏達の名前の由来はそれぞれ「マイケル・ジャクソン」、「プリンス」、「ライオネル・リッチー」。

マジシャンズレッド(魔術師の赤)

マジシャンズレッド(魔術師の赤)

マジシャンズレッド(魔術師の赤)とはエジプトの太陽神「ラー」の如く、猛禽類の頭部と逞しい人型の胴体を持ったデザインのスタンド。鉄をも溶かす灼熱の炎を自由自在に操り、単純な格闘能力も非常に高い。得意技は炎をアンク(十字架)の型にして撃ち出す「クロスファイヤーハリケーン」。また、エネルギーを探知する「炎の探知機」を作り上げる事ができる。高熱火炎の怖ろしさをすでに知っている敵も多く、緒戦で一番に片付けようとされる(J・ガイル&ホル・ホースンドゥールなど)。名の由来はタロット大アルカナ1番目のカード「魔術師」

モハメド・アヴドゥルのマジシャンズレッド(魔術師の赤)の元ネタ