リンゴォ・ロードアゲインのマンダムの紹介。スタンドならジョジョガイド

リンゴォ・ロードアゲインのマンダムのスタンドキャラ紹介サイト。ジョジョの奇妙な冒険の由来や元ネタなども紹介。

本体/スタンド
ア行
サ行
タ行
ハ行
マ行
ラ行

スタンド:マンダム
本体:リンゴォ・ロードアゲイン

【破壊力 - 不明 / スピード - 不明 / 射程距離 - 不明 / 持続力 - 不明 / 精密動作性 - 不明 / 成長性 - 不明】

リンゴォ・ロードアゲイン

リンゴォ・ロードアゲイン

リンゴォ・ロードアゲインとは大統領の送り込んだ刺客のガンマン。奇妙な果樹園でジャイロ達を待ち受ける。対等な決闘による修行を目的としている為、殺し合いにおいても礼節を重んじ、「漆黒の意思による公正な果たし合い」に勝利することでの、精神の成長を旨とする独自の美学「男の世界」を説く。これは彼が幼少の頃、家族を殺しリンゴォを襲った男を対等な条件で殺したことで、持病であった皮膚の病気が治ったことが彼をそう考えさせている。ジャイロとの決闘に敗北して死亡するが、彼の信念は、後のジャイロの考え方に大きく影響を与えた。

マンダム

マンダム

マンダムとは3年程前に砂漠で身につけた、肩に覆い被さるタコのような姿をしたスタンド。本体が腕時計の秒針を戻すことで時間を6秒戻す事ができる(腕時計の針は、あくまで能力を発現させる為の精神的スイッチ)。時間を戻しても記憶は戻らず、時間が戻される前のことを覚えている。それを利用して、リンゴォは果樹園に来る者を「時間を戻して、来た道を何度も通らせて迷路に迷い込んだように思わせて」いた。

リンゴォ・ロードアゲインのマンダムの元ネタ


男の世界~Mandom-Lovers Of The World/ジェリー・ウォレスJerry Wallace